院長・スタッフ紹介

スタッフが一丸となった
質の高いチーム医療

安部歯科医院では、患者さん一人ひとりに最適な歯科医療をご提供するために、歯科医師をはじめ、歯科技工士や歯科衛生士、受付スタッフなど優れた医療スタッフがプロジェクトを組み、患者さんと三位一体となったチーム医療を実践しています。
地域のホームドクターとして愛される歯科医院を目指して、尽力して参ります。

*

院長
安部 陽
AKIRA ABE

略歴

1975年生まれ

1993年
名古屋学院高等学校 卒業
1999年
朝日大学歯学部 卒業

大学卒業後、勤務医にて経験を積む

2003年
安部歯科医院 継承

所属学会

  • ・日本歯周病学会
  • ・日本口腔インプラント学会
  • ・日本歯科審美学会

DOCTOR

「自分の家族のように治療する」
患者さん本位の診療スタイル
安部歯科医院は、長年大曽根の地域の皆さまからご愛顧いただき歴史を重ねてきた、信頼と実績ある歯科医院です。
歯科医師・院長であった父の跡を継いで約15年が経った2017年に、患者さんの快適性と利便性の向上を目的に名古屋市東区大曽根に移転いたしました。
亡き父の遺言でもある、「その人にとって一番良いと思うこと、一番正しいと思うことをやりなさい」という言葉を常に大切にしてきました。
これからも患者さんに親身に寄り添い、その人にとって最善だと思う治療を提案してまいります。
また、その為に日々努力と研鑽を積み重ね、技術力の向上に努めていくことをお約束いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

*

*

*

歯科技工士
上田 浩輝

HIROKI UEDA

得意分野

  • ・入れ歯
  • ・セラミックの被せ物

趣味

  • ・歯科技工
  • ・ゲーム
  • ・散歩

院長からのコメント

先代の頃より在籍している
全幅の信頼を寄せる熟練技工士
安部歯科医院の精密義歯、審美補綴を支える大きな存在です。
患者さん一人ひとりに合うように「最後のひと削り」まで手間を惜しまず、仮歯の段階から本物同様に丁寧な仕事を行ってくれます。
当院の被せ物や入れ歯の評判が高いのも、匠の技術を持つベテラン技工士のおかげです。

*

CREDO

クレドとは、信念を意味します。
安部歯科医院ではスタッフ全員がクレドを理解し、
常にクレドに基づき判断し、行動しています。

  • 01

    私たちのモットーは、「We are Ladies and Gentlemen Serving Ladies and Gentlemen」です。私たちはサービスのプロフェッショナルとして、患者様や従業員を尊敬し、品位をもって接します。

  • 02

    温かい心からのご挨拶をすること、患者様のニーズを先読みして提供すること、心を込めて感じの良いお見送りをすることは、安部歯科医院のおもてなしの基礎です。患者様と接するたびに、必ず実践し、患者様に満足していただきましょう。

  • 03

    すべての従業員は、自分のポジションに対するトレーニングを怠らず、毎月目標を掲げ修得できるよう努力します。

  • 04

    患者様1人1人の治療目標は、すべての従業員に伝えます。これをサポートするのは従業員1人1人の役目であり、誇りと喜びに満ちた職場を作るためにも、すべての従業員は自分が関係する仕事のプランニングに関わる権利があります。

  • 05

    医院内に問題点がないか、従業員1人1人が、いつもすみずみまで注意を払いましょう。

  • 06

    患者様や、従業員同士のニーズを満たすよう、従業員1人1人には、チームワークラテラル・サービスを実践する職場環境を築く役目があります。

  • 07

    従業員1人1人には、自分で判断し行動する力が与えられています(エンパワーメント)。患者様の特別な問題やニーズへの対応に自分の通常業務を離れなければならない場合には、必ずそれを受け止め、解決します。

  • 08

    従業員1人1人には、すべての患者様と従業員に対し、安全で事故のない職場を作る役目があります。安全第一に考え、妥協のない清潔さを保ち、感染予防や非常時の対応をすべて認識します。セキュリティーに関する危険な状況は直ちに連絡します。

  • 09

    最高のパーソナルサービスを提供するため、従業員には患者様それぞれのお好みや症状を見つけ、それを記録する役目があります。

  • 10

    患者様1人として失ってはいけません。すぐにその場で患者様の気持ちを解きほぐすのは、従業員1人1人の役目です。苦情を受けた人はそれを自分のものとして受け止め、患者様が満足されるよう解決し、それを記録します。

  • 11

    「いつも笑顔で。私達はステージの上にいるのですから。」いつも積極的に患者様の目を見て応対しましょう。患者様にも従業員同士でも、必ずきちんとした言葉づかいを守ります。

  • 12

    患者様に医院内を案内する時はただ指をさすのではなく、その場所まで患者様をエスコートします。

ページの先頭へ戻る