インプラント治療

歯を失っても変わらない日々を
食事や会話を楽しめない、自然に笑えない、老けて見える…など、歯周病や虫歯、病気・事故によって歯を失ったり、歯の本数が生まれつき足りていない方は、多くの不満を抱えていらっしゃるのではないでしょうか?
当院では歯を失っても変わらない日々を過ごせるよう、インプラント治療を通してそのような問題を解決します。

インプラント治療とは

*

失った歯を取り戻すための治療
インプラントとは、歯を失ってしまった部分のあごの骨に結合するようにしっかりと埋め込む小さなネジのことを言い、歯の根の役割をします。その上に土台と、最後に人工歯を装着します。
自然な見た目や表情を取り戻すことができ、人前で話すことも全く不安なく行えます。さらに噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスのよい食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

安心・安全のためのこだわり

*

世界中で支持されるインプラントシステム
安部歯科医院ではスイス生まれのストローマンデンタルインプラントを使用しています。優れた臨床研究と精密技術から、世界70カ国以上で展開されている、信頼性の高いインプラントシステムです。
耐久性と生体力学的安定性を考慮した設計や、骨との親和性の高い純チタンの使用で、安全面においても優秀です。
また、インプラントの表面は骨形成を促進される働きのある酸化チタンなので、骨伝導性とインプラント埋入後の初期固定性の向上も期待できます。

インプラントと
従来の治療法の違い

*

一人ひとりのご要望を伺い、最適な治療法をご提案
従来、部分的に歯を失った場合には「入れ歯」や「ブリッジ(失った歯の両隣の歯を削り、橋を架けるように人工歯を被せる治療方法)」が主流でした。
しかし、「インプラント治療」が、より快適な生活をお送りいただける新たな治療法として認知されてきました。
最適な治療方法は患者さんによって異なります。お口・お身体の健康状況、ご要望をしっかりお聞きし、一人ひとりに適した治療法をご提案いたします。
インプラント
  • 噛み心地に不快感なく自分の歯のよう
  • 健康な歯をまったく削らずに治療を行うことができる
  • 天然歯とほぼ変わらないきれいな見た目
  • 手術が必要
  • 保険適用外なので、治療費が高くなることがある
  • 比較的、治療に時間がかかる
入れ歯
  • 比較的、治療が簡単で短期
  • 自費の材質によっては見た目をきれいにできる
  • 自費の材質によっては噛み心地、装着感も違和感が少ない
  • 硬いものが食べにくい
  • 食べ物が入れ歯に挟まることで、虫歯の危険性が高くなる
  • 保険適用の部分入れ歯は固定のための針金が見えてしまい、見た目が良くない
ブリッジ
  • ほとんど違和感なく噛める
  • 自費の材質によっては見た目がきれい
  • 治療期間が短い
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 周りの健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯にかかる負担が大きい
  • 食べ物が歯肉との間に挟まることで、虫歯の危険性が上がる

インプラント治療の流れ

01
カウンセリング

すぐに治療に入らず、まずは患者さんのお話をしっかり伺います。
なぜ歯を失ってしまったのか、インプラント治療に求める回復はどのようなものかなど、患者さんのお気持ち・ご要望をお聞きします。不明点など関しても丁寧に説明を行いますので、些細なことでもお気軽にお話しください。

*
02
精密な検査

お口・あご・お身体の状態を確認、把握し、安全に治療を行うために、レントゲンや口腔内の撮影、血液検査など、高性能な設備を使用して精密な検査を行います。
※検査結果により、インプラント治療を受けられない場合もあります。
まずはご相談ください。

*
03
診断に基づき治療計画を立案

必要なインプラントの本数から治療にかかる期間・費用まで、検査結果に基づく治療計画をわかりやすく丁寧にご提案いたします。
当院ではインフォームドコンセント(説明と同意)を徹底していますので、治療計画を理解・納得された上で十分に検討していただけます。
わからないこと、不安に感じることなどは些細なことでもお気軽にご相談ください。

*
04
安全な手術のための前処置

より安全に手術を行えるように、必要に応じて虫歯・歯周病の治療や、インプラント治療に対してあごの骨が少ない場合は骨の再生治療を行うなど、手術を開始する前に口腔環境を整える前処置を行います。

*
05
インプラント埋入手術

適切なインプラント埋入位置をシミュレーションした後、局部麻酔をし、あごの骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込んでいきます。
手術の翌日以降から、通常の生活を送れるようになります。

*
*
*

お口や身体の状態から、手術を2回に分ける場合があります(2回法)。
1回目の手術でインプラントを埋入し、治癒期間を置き骨と結合したら、2回目の手術でインプラント埋入位置を再度切開し、アバットメントを装着します。

06
治癒期間

インプラントとあごの骨が結合するまで、約2〜6ヶ月程待ちます。この期間はインプラントを埋入した部位(上顎・下顎)や骨の質などの違い、体調などにより治癒期間には個人差があります。もし治癒期間が長く、普段の生活で気になることがある場合は、この期間中に仮歯を利用することも可能です。

07
上部構造の製作

手術後、上顎で4ヶ月〜6ヶ月、下顎で2ヶ月〜3ヶ月程経過したら、上部構造(人工歯)の型取りをし、人工歯(被せ物)の製作を行います。
型取り後1〜2週間後に上部構造を装着し、様子を見ながら噛み合わせを調整して行きます。

*
08
メインテナンス

インプラントは優秀ですが万能ではありません。インプラントの大敵と言われる歯周病の予防や、残った歯を健康に保つために治療終了後もメインテナンスに通いましょう。
3ヶ月〜6ヶ月に一度ご来院いただき、お口のクリーニングや口腔内チェックを受けることが、インプラントを長期的に維持し快適に過ごしていただく秘訣です。
また、ご自宅で行うインプラントの正しいケア方法もご案内します。

*
MEDICAL
ページの先頭へ戻る