マタニティ歯科

マイナス1歳から始める虫歯予防
赤ちゃんは、お口の中に虫歯菌が存在しない状態で生まれますが、お母さんなど身近な周囲の大人から虫歯菌が移り、虫歯になってしまいます。また、妊婦さんが歯周病だと、早産・流産・低体重児のリスクが上がるということが最近ではわかってきました。
安全な出産とお子さまの健康のために、妊娠中からお口のケアを始めましょう。

お子さんに影響する
お母さんの虫歯

*

お母さんの虫歯が、
お子さんの虫歯リスクを高くする
母親に虫歯がある子ども・ない子どもを比較すると、母親に虫歯がある子どもの方が2歳の段階で虫歯になる確率が圧倒的に高いことがわかります。つまりお腹の中にいるお子さんは、お母さんの生活習慣やお口の中の状態に影響を受けやすいということです。
子どものうちに虫歯になってしまうと、大人になっても虫歯になりやすいお口になってしまうという調査報告があるように、お子さんが虫歯菌に感染しないよう、妊娠中からしっかりとした治療や予防に取り組んでいきましょう。

こまめなケアで
お口のトラブルを予防!

CARE1 朝起きたらまずは歯みがき
就寝中のお口の中は唾液の分泌量が減り、細菌が繁殖しやすくなります。起床後すぐにうがいや歯みがきで増えてしまった細菌を除去し、虫歯・口臭を予防しましょう。
起床後に限らず、就寝前、食後の歯みがきも大切です。
CARE2 こまめなうがいで予防ケア
つわりが辛く歯みがきが困難な場合は、無理をせずこまめにうがいをしてお口の中の汚れを洗い流しましょう。
フッ素入りの洗口剤の使用がより効果的です。つわりが安定したら、いつも通りの歯みがきを心がけましょう。

妊娠中になりやすい
お口の病気

  • 妊娠性歯肉炎
    妊娠性歯肉炎とは、妊娠初期のホルモンバランスの変化より歯茎の出血や腫れが生じる症状です。
    通常の歯肉炎のように痛みを感じにくいため、気付くことが遅くなり、症状が悪化することがあります。

  • 妊娠性エプーリス
    歯茎がコブのように大きく膨らんでしまう症状で、ホルモンが増加する影響で起こります。
    良性で自然に無くなることがほとんどですが、気になる場合はご相談ください。

  • 虫歯・歯周病
    妊娠中は辛いつわりで歯みがきがしっかりできなかったり、嘔吐によって胃酸が歯の表面を弱くするため、通常よりも虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

妊娠中の最適な治療時期

安定期に入ったらまずは一度ご来院ください

妊娠中の治療は安定期がベスト
妊娠中はご自身や生まれてくるお子さんのために歯科検診を必ず受けていただきたいです。特に安定期と言われる妊娠中期は、虫歯や歯周病の治療、お口のクリーニングに最も適している時期です。
妊娠後期はお腹が大きくなり、診療チェアに横たわることも辛かったり、出産後は子育てで時間が取れない…と、治療に行けるタイミングを逃してしまう方も多いです。
そうなる前に、痛みなどの症状がなくても安定期に入ったらお口の中をチェックしに、ぜひ歯科医院へ足を運んでください。
妊娠初期
4ヶ月(15週)まで

妊娠4〜8週は特に慎重に診療をし、12週までは極力、診査・治療計画と歯みがき(ブラッシング)指導までにとどめるようにしています。
歯の痛みや歯茎の腫れといった急性症状がある場合は応急処置をしますが、適切な治療はできるだけ安定期から行うようにしてます。

安定期
妊娠中期
5〜7ヶ月(16〜27週)

妊娠中期は胎児が胎盤により安定するので、「安定期」とも呼ばれています。
安定期に入ると、通常の歯科治療からレントゲン撮影や投薬など様々な治療も可能になります。
妊娠初期で発見された症状の治療も、胎児や母体への影響を考慮し、比較的安定しているこの時期に行います。

妊娠後期
8ヶ月(28週)以降

妊娠後期では、早産などの危険を回避するため、応急的な処置までにとどめるようにしています。
またお腹が大きくなり、仰向けでの受診も辛くなってしまう時期なので、治療が必要な場合も、出産後に改めて治療を再開するようにしています。

受診時のお願い

*

来院時には母子手帳のご提示をお願いします
担当の産婦人科医から注意を受けていることがありましたら、たとえ些細なことでも必ず歯科医師やスタッフへお伝えください。
また、診療はできるだけ楽な姿勢で受けていただけるよう配慮いたしますが、体調や気分が悪くなった場合は無理をせず、すぐにスタッフまでお伝えください。

よくあるご質問

レントゲン撮影が赤ちゃんに影響することはありますか?

歯科医院でのレントゲン撮影はお口を焦点にします。撮影する面積も狭く、お腹からも離れていますので、赤ちゃんはもちろん、お母さんへの影響も少ないと考えられています。歯科のX線自体も医科用のX線より被ばく線量が大幅に少ないです。
また、撮影時にはX線を遮断するための防護用エプロンを必ず着用していただくので、お腹の赤ちゃんへの影響はほぼありません。

処方された薬は妊娠中でも服用して大丈夫ですか?

妊娠中の方へのお薬の処方はなるべく控えていますが、もし処方が必要な際も、妊娠の時期や状態・体調などに合わせた安全性が高いと認められたお薬を選んでいますのでご安心ください。
逆に、痛みを我慢して痛み止めなどの薬を飲まないことの方が母体へのストレスになることもあります。
また、通常は問題なくとも、妊娠中には処方しない薬もあります。妊娠前に処方された薬が余っていたとしても、念のため飲まないようにしてください。

妊娠中の麻酔は、赤ちゃんに影響しますか?

歯科医院では効果の出る場所を絞れる局所麻酔を使用しており、通常量の使用では母子ともに心配するような影響はありません。
痛みを我慢して治療を続けるストレスの方が問題になることもありますので、痛みを感じた場合は遠慮なくお伝えください。

授乳中ですが、歯科治療は母乳へ影響しますか?

通常の歯科治療からレントゲン撮影、麻酔治療なども、母乳をはじめ母体への影響はほぼありません。
もし心配される方は、麻酔後・服薬後に5時間ほど時間をあけ、薬が体外へ排出されてから授乳されることをおすすめします。

MEDICAL
ページの先頭へ戻る