歯周病治療

歯を失う原因第一位「歯周病」
歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していく、虫歯より多くの割合を占めた、歯を失う原因第一位の感染症です。

知らない間に進行する恐ろしさ

歯石と歯垢がたまり、歯槽骨で歯を支えられず歯はグラグラに

手遅れにならないよう、歯科医院へ
歯周病の進行段階を大きく分けると「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階になります。
現在、歯周病は30〜40代の日本人の約8割が感染していると言われています。30代で突然歯周病になるわけではなく、実は10代から少しずつ進行し、歯ぐきから血が出て初めて受診する30代の頃には、歯周病は歯肉炎・歯周炎になっているのです。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気が付いた時には抜かなければならない…なんてこともある、横綱級のこわい病気なのです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。
50代で"自分の歯がほとんどない"ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。
歯周病チェック
*

歯周病は自覚症状がなくても
進行します

  • 起床すると、口の中がネバついている
  • 毎日の歯みがきで出血する
  • 口臭が続く、気になる
  • 以前より歯が長くなったような気がする
  • 食べ物などが歯と歯の間に詰まりやすい
  • 歯がグラつく、緩んでいる気がする
  • 歯茎から膿が出る、赤く腫れている
  • なんとなく痛み・かゆみ・不快感がある

一つでも当てはまった方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!

歯周病は全身疾患とも関連する

*

痛みが出てから歯医者に行けば大丈夫、
その考えは大変危険です!
身近な病気なので歯周病を深刻にとらえない方も多いですが、歯周病は全身疾患にも影響を及ぼすこと、ご存知ですか?
歯周病菌が血流に乗って全身を回ることで、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などにも関与すると言う報告あります。歯周病の恐ろしさを知らず、軽い病気だと勘違いしてしまっていることは最も危険なのです。
*
糖尿病
糖尿病を患っている人とそうでない人を比較すると、糖尿病の人の方が歯肉炎や歯周炎になっていることが多く、さらに歯周病が重症化している人ほど血糖コントロールが悪化しやすいという調査報告もあります。
このように、歯周病と糖尿病の関係はとても密接で、どちらかの治療で両方が改善される可能性もあるのです。
動脈硬化・心臓疾患
歯周病菌などの細菌感染が動脈硬化の要因の1つとして挙げられています。
歯周病菌が血管へ入る際に起こる刺激が、動脈硬化を引き起こす物質を発生してしまうのです。
そしてそれにより血管内に沈着物ができ、血液の通り道が細くなるので、心臓疾患にも影響を及ぼしているとも言われています。
生まれてくる
大切な赤ちゃんを守りましょう
健康な方に比べ、歯周病にかかっている妊婦さんは低体重児や早産の可能性が高いと言われています。血中に入った歯周病菌が胎盤を通して胎児に感染してしまうことが理由と考えられており、危険率はタバコやアルコール、高齢出産よりもはるかに高く、7倍と言われています。
予防歯科で歯周病を予防し、お腹の赤ちゃんとご自身の安全を守りましょう。
お腹の赤ちゃんとお母さんの安全を守るために

歯周病の予防と治療方法

*

軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合
スケーリング
歯石は歯垢(プラーク)が石灰化してできており、通常の歯みがきでは落とすことができません。
歯石が付着してしまった歯をきれいにするためには、スケーラーという専用の器具を用いて歯石や歯垢を徹底的に除去する治療を行います。スケーリングには歯をきれいにするだけでなく、歯周病の発生・進行(悪化)を抑制・予防する効果もあります。

*

中度歯周病(歯周炎)の場合
ルートプレーニング
中度まで進行してしまった歯周病には、スケーリングに加えてルートプレーニングという治療も行っていきます。
ルートプレーニングでは特殊な器具を使用し、スケーリングでは除去しきれなかった歯茎の奥に隠れた見えない歯の根(ルート)にまで付着した歯垢や歯石、そして歯周病菌に感染した歯質などを除去していきます。
また、歯や歯の根の表面もツルツルになり、歯垢や歯石などの再付着の予防にも繋がります。

*

重度歯周病(歯周炎)の場合
スケーリングやルートプレーニングでも状態が改善されないほど重度まで歯周病が進んでしまうことがあります。
そこまで進行してしまった歯周病には、歯周組織再生治療で歯周病により溶けてしまった骨の回復を行うなどの外科的な処置が必要となります。
歯周病には「予防」が最も有効
歯周病には様々な高度治療がありますが、「予防」にはどれも敵いません。
毎日、きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除きましょう。そして歯垢を放っておいて石のように固い歯石にしないためにも、少なくとも半年に1回は定期健診に行き、歯石除去と歯の健康チェック、正しいブラッシング指導をしてもらいましょう。
まずは予防、なってしまったら早期治療を
MEDICAL
ページの先頭へ戻る