ホワイトニング

歯の色そのものを白くします
ホワイトニングとは、専用の薬剤を使用して歯に蓄積された着色を漂白することで、削ったり人工物を付けたりせずに歯を白くする治療法です。
安部歯科医院では、歯科医院でプロが行うオフィスホワイトニングと、ご自宅でご自分のペースで行えるホームホワイトニングをご用意しています。

確実な効果を安全に得るために

安心の術前検査 安全で確実な施術

施術の前にお口の中の診査を必ず行います
安部歯科医院ではホワイトニングをより安全で確実に行うために、施術前にまずはお口の中を診査します。
その際に虫歯や歯周病を発見した場合は先に治療を行い、お口の中を健康な状態に整えてからホワイトニングに取り掛かります。

オフィスホワイトニング

*

歯科業界注目!予防にも効果的なホワイトニング
当院では「スーパーポリリンホワイトニング」という、生物の体内に元々存在しており、食品添加物としても認められている成分「分割ポリリン酸」を使用した、安全で非常に高い効果が期待されるオフィスホワイトニング剤を使用しています。
痛みも非常に少なく、従来の3倍の白さが出るので、短時間で負担の少ない施術が行えます。施術後すぐのカレー、コーヒー等の飲食も問題ありません。
また、歯の汚れが落ちることはもちろん、歯質もコーティングによって強化されるため、ステインや歯石の沈着防止=虫歯や歯周病の予防にも効果が期待できます。
オフィスホワイトニングの流れ
FLOW
  • 治療前の歯の色をチェック

    治療前の歯の色をチェック

  • 歯のクリーニング、歯垢、歯石、着色の除去

    歯のクリーニング、歯垢、歯石、着色の除去

  • 白くしたい部分に専用の薬剤を塗布

    白くしたい部分に専用の薬剤を塗布

  • 特殊な光を照射(数回繰り返し)

    特殊な光を照射(数回繰り返し)

こんな方におすすめ
  • 短時間・短期間での効果などホワイトニングに即効性を期待している方、歯を白くしたい期日がある方

  • 白くしたい箇所が限られている方(オフィスホワイトニングは1本からできます。)

  • 自分で手間をかけることを避けたい方

ホームホワイトニング

*

自分のペースで手軽に、ご自宅で行うホワイトニング
口腔内の検査や、ご自身の歯列にあった専用のカスタムトレー(マウスピース)を作成するための来院は必要ですが、その後は歯科医師の指示のもとに、患者さん自身にご自宅で歯に薬剤を塗って漂白していただきます。自分のペースで行うことができ、毎日2時間の使用を約2週間続けることで良好な結果が出ます。
当院では高い安全性のある「TiON」というホワイトニング材を取り扱っています。
適度な流動性で歯面へ均一にムラなく広がり、確認もしやすい白色のジェルなので、ご自身での塗布もしっかりと行えます。カスタムトレーも違和感の少ないソフトな装着感なので、ご自宅での長時間のホワイトニングも快適に行えます。
ホームホワイトニングの流れ
FLOW
  • 診察、歯の色を確認

    診察、歯の色を確認

  • 専用のマウスピースを制作

    専用のマウスピースを制作

  • 歯のクリーニングと自宅での使用法説明

    歯のクリーニングと自宅での使用法説明

  • 自宅にてマウスピースを用いてホワイトニング

    自宅にてマウスピースを用いてホワイトニング

こんな方におすすめ
  • 継続して施術を受けに歯科医院へ通院することが難しい方(準備のためのご来院は必要です)

  • 手軽にご自分のペースでホワイトニングを行いたい方

  • オフィスホワイトニング後の白さの維持や色の後戻りを防ぎたい方

よくあるご質問

なぜ歯は変色するのでしょうか?

コーヒーや赤ワイン、カレーなどの色素の濃い飲食物による着色や、加齢による歯の黄ばみ、テトラサイクリン系(抗生物質)による着色などが主な原因とされています。また、歯の神経が死んでしまった場合にも変色は起きてしまいます。

使用する薬剤による人体への影響はありますか?

漂白剤のベースになっているのは、過酸化尿素もしくは過酸化水素という薬品が使われます。
この薬品はFDA (米国食品医薬品局)により認可されており、体への害はありません。

誰でもホワイトニングは行えますか?

基本的に高校生以上ならホワイトニングを受けていただくことは可能です。しかし、妊娠中・授乳中の方は避けた方が良いでしょう。
矯正中の人、虫歯、歯周病がある人は、治療の後の方がより安全で確実に効果が発揮されますので、お口の中を健康な状態にしてからのホワイトニング治療をおすすめしております。
また、歯に亀裂がある人は一度歯科医師に相談してください。

効果はどのくらいの期間保てますか?

ホワイトニングの方法によって違いはありますが、2~3年くらいは効果の持続が期待できます。
しかし、効果を持続させるためには治療終了後も半年に一度程度の定期的なメインテナンスが必要です。
また、自宅でもメインテナンス用の歯みがき剤を使うなどのケアも効果的に白さを保つ秘訣です。

治療後の白さはどのくらいですか?

治療前の歯の色は一人ひとり異なるので、治療後の白さには個人差があります。
通常、治療前の歯の色から歯の色見本の二段階分程度は白くできます。

MEDICAL
ページの先頭へ戻る