予防歯科

痛くなる前の通院が虫歯を防ぐ
歯科医院でのクリーニングや検診などの定期的なメインテナンスの受診により、痛い虫歯や歯周病が予防でき、歯を削ったり再治療をする必要のない口腔環境が保てます。
痛くなったら歯医者にいけば良い、その考えを変えて、いつまでもご自身の歯で美味しく楽しく食事ができるようにしましょう!

ご自分の歯で
生涯を健康に過ごすために

*

年を取って歯を失うのは当然…そう考えてはいませんか?
歯を失う原因の7割以上は虫歯と歯周病で占められています。
つまり、歯を失うことは老化などの年齢には関係なく、虫歯と歯周病を予防することで歯を失う可能性を大幅に低くすることができるのです。
スウェーデンでは国全体の歯科医療方針として「予防歯科」の考えを採用しており、子どもの頃から歯の検診や歯の健康づくりが生活習慣として定着しています。その結果、虫歯や歯周病を未然に防いでいるスウェーデンは「歯科疾患が世界で一番少ない国」と言われており、80歳を迎えても大半の方が若い時とほとんど変わらない本数の歯が維持できています。多くの方が自分の歯でしっかり噛み、食事やおしゃべりを楽み、日々をより充実して過ごされているのです。
*

「予防」をより効果的に

*

「プロフェッショナルケア」と「セルフケア」で
長期的に虫歯や歯周病を予防
予防歯科は大きく分けて、歯科医院で定期的に行う「プロフェッショナルケア」と、皆さん自身が毎日自宅で行う「セルフケア」の2つのケアで成り立ちます。
どちらか一方さえ行えば良い、と言うことではありません。歯科医院とご自宅、両方のケアにしっかり取り組むことで大切な歯を守り続けられ、より効果的な予防歯科が実践できるのです。

歯科医院で行う
プロフェッショナルケア

*

PMTC
PMTCとは、磨き残しから歯ブラシでは磨けない歯と歯茎の隙間まで、プロが専門の器具を用いて行う歯のクリーニングです。徹底的に汚れを除去するので歯 本来の白さが戻り、痛みもなく、まるでエステを受けているような感覚でお口の中が気持ち良くきれいになります。
さらにPMTCでは歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布など)を利用するため、PMTC後は歯に汚れがつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防効果も期待できる、まさに一石二鳥の方法なのです。

PMTCの流れ

  • 染め出し液で歯垢のチェック

    染め出し液で歯垢のチェック

  • フッ化物入りペーストを塗布

    フッ化物入りペーストを塗布

  • 歯間や歯面をクリーニング

    歯間や歯面をクリーニング

  • 歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

    歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

  • フッ素塗布で歯質を強化

    フッ素塗布で歯質を強化


歯みがき指導
一人ひとりに合わせた歯みがきの仕方から歯ブラシの選び方までお教えし、ご自宅でのセルフケアを効果的に行っていただけるようにします。
*

口腔検査
問診で伺うだけではなく、口腔内の状態をしっかり診査し、その結果から、一人ひとりに合った効果的な予防方法をご提案していきます。
*

スケーリング(歯石取り)
歯みがきでは絶対に除去できない、歯周病の原因となる細菌を含んだ歯石を、専門の器具で徹底的にきれいにしていきます。
*

その他、フッ素塗布やシーラント填塞など

ご自宅で行うセルフケア

*

歯みがき
毎日きちんとブラッシングをしているつもりでも、実際には磨き残しができてしまったり、しっかりと磨くためについ力を入れすぎてしまうことで、歯や歯茎を傷めてしまうことも…。
「磨いてる」と「磨けてる」は異なります。自分に合った歯ブラシや歯みがきの方法を歯科医院にて学びましょう。
point

歯ブラシは毛先が開くと歯にきちんと当たらず、汚れの除去が不十分になってしまいます。
1ヶ月に1本を目安に歯ブラシを交換し、常に磨きやすい状態の歯ブラシで磨きましょう。


フッ素配合の歯みがき剤
フッ素には歯質を強化する働きや、虫歯の発生・進行を防ぐ効果があります。
歯みがきをより効果的にするためにも、歯みがき剤にはフッ素配合のものがおすすめです。
*

歯間ブラシ・フロス
歯と歯の小さな隙間は歯ブラシでは届きにくく、汚れが残りがち。
通常の歯みがきはもちろん、そんな隙間まで逃さないよう、歯間ブラシやデンタルフロスを使用してきれいにしていきましょう。
*

マウスウォッシュ・ジェル
睡眠中はだ液の分泌量が減少し、細菌が繁殖しやすくなります。
就寝前は殺菌力を持つマウスウォッシュを使用し、就寝前に限らず歯みがき仕上げには歯質を強化するフッ素ジェルを利用しましょう。
*
MEDICAL
ページの先頭へ戻る